« 経ヶ岳バーティカルリミット | トップページ | 甲斐駒・仙丈 »

2016年5月29日 (日)

桑名のお宝「諸戸徳成邸」

 桑名市街地の東方(ひがしかた)の丘の上に「諸戸徳成邸」なる旧邸宅があります。5月28~29日の土日に特別一般公開があると聞いたので行ってみました。諸戸家といえば明治20年代に建てられた諸戸宗家の屋敷である「諸戸氏庭園」(桑名市太一丸にあります)と、大正2年に屋敷の東隣に建てられた六華苑が有名です。六華苑は宗家から分かれた諸戸本家の2代名清六氏の新居として大正2年に建てられた洋館で、鹿鳴館と同じイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計したことで有名です。
Img_3526
 その諸戸清六氏が大正末期から昭和初頭に建設し後に引っ越したのが、この「諸戸徳成邸」です。来場者のどなたかがおっしゃってましたが、年代順にならべると明治時代の「諸戸氏庭園」、大正の「六華苑」、昭和の「諸戸徳成邸」と桑名市の3つの時代のお宝が現代に残っていることになります。
 7,638㎡の敷地は飛び石が打たれた広場を取り囲むようにモミジやアカマツの明るい林が広がっています。その中に和風2階建の主屋がそびえ、離れや蔵を含めた9棟の建物面積は1,050㎡です。
Img_3533
 山の上ゆえの高低差を利用して建てられた複数の和風建物にも、主屋の奥にある洋館にも廊下でつながっています。主屋の1階は洋間が中心で広間や食堂等のゲストルームがあり、食堂もベースはフローリングですが机や椅子のエリアは畳敷きという不思議な床になっています。
 2階は12畳と8畳の和室が続き、低い位置に配置された窓から木曽三川方面の桑名の街並みが、畳の上に座ったまま眺められます。敷地北東には茶室が建てられ、滝から始まる流れ(枯山水)を中心として、流れ蹲居(つくばい)や灯篭を点景に茶庭が展開しています。
Img_3527
 ひととおり見学させていただき、大門を出る小さな公園に続く坂道が下っています。公園のさらに下に諸戸水道の遺構が眺めることができます。諸戸水道は貯水池の側壁と底面はコンクリート造、内壁は全て煉瓦積です。実際に住んだ施主の意向や建てた職人の想いをあれこれ想像しながら見学できる木造建築もいいけれど、こういう巨大(?)構造物も見ていてホントおもしろいなぁと感じてしまいます。
 初代諸戸清六氏が私費を投じて建設した上水道で、明治37年(1904年)に東方丘陵地の地下水を集めた貯水池(東西約13.4m・南北約23.2m、深さ約3.6m)を築いて、旧桑名町周辺に共用栓55ヶ所、消火栓24ヶ所を設置し、市民に無償提供したと記録があります。近代的な一般上水道としては国内7番目に作られたもので(たいしたもんだ)、市営浄水場完成の昭和4年(1929)まで使用され、水源井、給水塔も現存しています。
Img_3551
 邸宅のまえでは、地元特産品の「マルシェ」が開かれていました。なかでもいなべ市の「夢庵」さんコーナーのスイーツがとっても美味しそうだったので思わず買っちゃいました。いなべ市石榑のお茶農家「緑香園」さんのお茶を練りこんだラスクは、新茶の香がほんのりとさわやか。シフォンケーキは、しっとり感とバウンド感(弾力)があって他にはない、美味しさでした。
Img_3540

|

« 経ヶ岳バーティカルリミット | トップページ | 甲斐駒・仙丈 »