« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

真田丸のラン

旧街道ランの旅、GW前の休日に京阪「御殿山」駅を9時30分に下車しました。
前回、京都から鳥羽街道を走ってたどりついた枚方市から、大阪めざして淀川沿いを走ります。
御殿山駅近くには、古文の伊勢物語に出てくる惟喬親王と在原業平が互いの境遇を思遣りながら歌を詠む場面になった「渚の院」跡があるというので行ってみました。渚の院跡は、いまは保育園の敷地になっていて、その一角に碑と鐘があるのみでした。
再び御殿山駅にもどって10時30分にスタート、国道1号線と並行する県道(府道)13号をはしります。枚方駅前の関西医大のまえを通り過ぎると淀川の堤防に出たので、さっそく河川敷におりて歩道を走ります。
Img_3136
枚方大橋、淀川新橋の下をとおり寝屋川市、守口市を通過して、13時に太子橋(国道479)で淀川を離脱して国道1号線を南下します。
城東区役所まえを通過して新喜多大橋から寝屋川沿いを走っていると上流から大阪城方向に向かっている船を発見。う~ん水の都大阪だな・・・
Img_3138 読売テレビ前から大阪ビジネスパークを透って14時に大阪城に到着。おにぎりに露店の牛串焼きで2度目の昼食。
天守閣へは登らずに場内を素通りして、三光神社に15時に到着。さすがに真田信繁(幸村)の銅像があるだけあってたくさんの人がいます。
Img_3150 ここは偃月城(えんげつじょう:真田丸の別名)の一部で、銅像の横には大阪城につながる抜け道の入り口と言い伝えられるものがあります。
でも、徳川方が掘った攻撃用の抜け穴という説のほうが今は有力ポイです。
Img_3152 そのあと真田山小学校の前を歩いて明星高校の角を右に折れて「心眼寺」に15時20分着きました。このお寺は真田家の祖宗かもしれない滋野(しげの)氏の一族とされる白牟(はくむ)和尚が真田信繁とその嫡男幸昌を弔うため1622年に創建したお寺です。境内は真田丸の城郭跡で信繁の墓もあります。ただし墓の碑が建立されたのはごくごく最近(2014年)なのですが・・・・・
またここは、坂本龍馬殺害の候補者として有力視されている、京都見廻組の桂早之助と渡辺吉太郎の墓所にもなっています。
もうひとつお寺の左手にある「まんなおし地蔵」は、間の悪さを直してくれるお地蔵さまで、ど~も最近間の悪いことが多いなぁと感じているときにご利益があるということなので、さっそくお参りしてきました。
Img_3153 心眼寺を出ると真正面に明星高校のテニスコートが広がっています。こっちが真田丸の中心だったとする説もあるようで、今年の2月に建立されたりっぱな顕彰碑がありました。
なんか結構いいかげんというか、いろいろてんこ盛りの心眼寺あたりに、大阪人のおおらかさを感じてしまうのでした。
坂を下って少し歩いて近鉄鶴橋駅に着いたのは15時45分でした

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »